「m2TV GV-MACTV」アイ・オー・データのMac用地デジチューナー発売

m2TV(GV-MACTV)

ピクセラからMac用地デジチューナーが発売された直後に、うちでも開発中ですと発表していたアイ・オー・データ

ついに「m2TV」という名前で発売です。

ピクセラの製品がまだ録画できないのに比べ、「m2TV」は既に録画機能が実装済み。また「Liveハイビジョン」という再生エンジンが搭載されているとのことで、これはハードウェア再生ということ?

Macに余計な負担をかけず、ハイビジョンならではのシャープでくっきりとした美しさを実現します。

TV・ビデオキャプチャ・オーディオ|地デジ対応TVキャプチャ|m2TV(GV-MACTV)|特長|アイ・オー・データ機器 パソコン・コンピュータ周辺機器メーカー

ピクセラがソフトウェア再生という事は分かっているので、もしハードウェア再生なら一つ買いポイントが増えました。

とは言え、やはり気になるのはキューブ型のメニューパネル。仕様感はどんなもんでしょうか。実際に触ってみないとわからないので、どこかで展示されるのを待つ事にします。

今のところ、ピクセラの「CaptyTV Hi-Vision」より心惹かれています 🙂

▼ioPLAZA 楽天市場店

※intel Macでないと対応していないのでご注意を。

目の中の幾何学模様

今週の月曜日、昼にアキバ駅前のヨドバシからキヤノンのA3対応のプリンタPIXUS iX5000をえっちらおっちら末広町のオフィスまで持って帰りました。

そしたらですね、そしたらですね、しばらくしたら目の前にモノクロの幾何学模様がクルクル廻っているんですよ。目を思いっきりつぶったり、目を手で押し込んだりすると見えるんですが、その模様が何もせずに見える状態になったんです。くるくる気持ち悪いったらありゃしない。

視界の一部が歪んで見えない。変な幾何学模様が見える。。。

そのときの実況中継 in Twiiter

その幾何学模様が邪魔して視界が歪んで見えないし、そのうちめまいも感じる始末。仕事にならないので、家の近くの眼科へ。ちなみに眼科についた頃にはかなり症状は落ち着いていました。

久しぶりの眼科。やっぱり相変わらずあの眼圧測定は苦手だった。最初に測定する眼はなんとかやり過ごしても、残りの眼がダメ。体が勝手に身構えて何回もやり直し。挙句の果てに強制的にまぶたを押さえられる始末。あれなんとか違う方法で測定できないものでしょうか。

眼科といえば視力測定。もちろん全く見えず。おそらく両目とも裸眼は0.01と書かれたはず。

で、ようやく先生に診てもらう。表面上は特に問題なく、眼底検査を希望していたので、次はその準備。瞳孔を開く目薬をさされる。これも「久しぶりだなぁ」と思いつつ、開くまで大人しく30分ほど待つ。ひたすら待つ。

両目とも眼底を丁寧に診てもらった結果、、、これまた問題なし。アドバイスは3点。

  • 近視が強いので、網膜の色が白く(黄色?)になっているが、まずは問題なし。
  • 今回は視覚野の血流が一時的に落ちたため、かもしれない。
  • これだけ近視が強いとコンタクトの方がおすすめ。ソフトでなくハードで。
    コンタクトしていると眼球の形が変わって視力が下がりにくいという先生もいる。

で、このアドバイスを受けて、常々考えていたことを相談。「日常は遠くを見る用のコンタクト+遠くを見る時はメガネもかける」というのは、問題ないですか?と。

先生は一言。「全然問題ありませんよ

はい。その一言で疑問が一つ解決しました。次のタイミングで実行したいと思います。次のタイミングを作らないといけないけどね。

ちなみに行った眼科は「良田眼科」

ネットで予約&待ち人数がわかるので便利です。このサービスはiTICKETという会社が提供していて、800を超える病院、医院に導入されているようです。費用もメリットに比べると、安すぎるんじゃないかなーと気がする値段。

販売代理できないもんかな。今度聞いてみよう。

かっ好改メ三遊亭好の助

僕たちの結婚式で、急ごしらえの高座にも関わらず落語を披露してくれたかっ好くん。2008年10月1日、ついに二ツ目昇進&かっ好改メ三遊亭好の助ということです。

今月1日から、好楽の3番弟子であり、ナポレオンズのボナ植木先生の御子息でもある三遊亭かっ好くんが〈三遊亭好の助〉と名前を改めて、二ツ目に昇進しました!

さんゆうていおうらくのはじめてのブログ: 三遊亭好の助、見参!

王楽さんも来年9月の真打ち昇進が決まっており、大変お目出度い!会ったときはもうかっ好くんとは呼べないのか。

会ったら、「好の助さん!!二ツ目昇進、おめでとうございます」ですね。

王楽さん曰く、前はできないと言っていた手品を披露したようです。マジシャン兼落語家。今度はぜひ噺の流れの中で披露してみてください。怒られるのかな?

個人事業主開業+青色申告

個人事業の開業届と青色申告の申請をすることにしました。と書いたものの、たまに相談を受けたりしてもお金をもらったことはないし、現時点でコレといった仕事はなく、これからも特別に営業する予定はない。社会勉強という目的で。 🙂

この届けは、多くの方がされているので、インターネットにも沢山の情報が載っていました。ここではオールアバウトのを。(【開業準備】フリーランスの独立・開業手続 – [フリーランス]All About

ともかく、書類は国税庁のこのページからPDFをダウンロードして印刷。

管轄の税務署に行って、職員に聞きながら書くこともできますが、開庁時間は普通の働き方だと行けない時間帯。

書類を自分で全て埋めて郵送で提出したり、午前休を取って税務署に行くのもありなんですが、実は、まだ提出できていません。

ほとんど記入し終わっていますが、何が問題か?

屋号!

さーてどうしましょうかね。つけなくてもいいらしいんですが、折角なので何か付けようと悩んでいます。横文字ではなく、日本語だけで付ける予定。ちなみに、会計は複式簿記で。お金の出入りがほとんどないですが、実際に手を動かして勉強です。

以上、報告おわり。


▲フリーランスを代表して 申告と節税について教わってきました。